銀行と名のつくカードローンサービスにも2種類がある

近年は、銀行系カードローンという、銀行が実施する現金融資サービスのテレビコマーシャルが頻繁に放映されています。

 

現在、多くの銀行がこのサービスを実施しているのですが、銀行と名がつくからといって、必ずしも銀行として融資を行っているわけではないという点に、注意が必要です。

 

というのも、カードローンサービスの名前に銀行という文字が入っていても、銀行系列のグループが消費者金融として現金融資を行っている場合もあるのです。銀行として現金融資を行うのか、消費者金融として行うのかは、大きな違いがあります。両者は、銀行法と貸金業法という全く異なるルールの上で運営されているからです。

 

ある現金融資サービスに銀行の名前がついていても、消費者金融として運営されているのなら、貸金業法の規制対象となります。こうしたキャッシングサービスでは貸金業法に規定された総量規制の制限を受け、年収の3分の1以上の借り入れが出来ないのです。

 

総量規制の対象となると、他の消費者金融での債務を一本化する、おまとめローンには利用し難いという欠点が生じます。この点で、銀行法に基づいて運営されるカードローンは、総量規制の対象とならず、おまとめローンにも利用しやすくなっています。

 

銀行の名のつく現金融資サービスを申込む時は、貸金業法と銀行法のどちらで運営されているのかを見極めることが肝要なのです。
銀行法で提供されるカードローンの代表的なものと言えば、最短即日審査で使えるオリックス銀行のおまとめにも借りられるカードローンとなります。